水族館と天皇と
by kenta_sano
PROFILE
1974年生。
早稲田大学教育学部卒業後、
損害保険会社に1年半勤務。
東京理科大学工学部2部建築学科、
横浜国立大学大学院を経て、
現在建築設計事務所勤務。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Links
2006年 08月 26日
北京五天自由行
3日間のお盆休みゲットに成功し、
土日とあわせて5日間のバケーション。
日本には帰ら(れ)ず、UTNのいる北京へ。
あとTETSUOね。

北京到着後、まずは「どっきり」をやるためにSk事務所@建外SOHOへ。
e0029267_1451522.jpg

後輩たちがやってる「実家」がやりたくってやりたくってしようがないんだけど、
とりあえずノンアポでTETSUOこと「てっつあん」訪ねて驚かせる作戦。
夜に事務所にノンアポっていうのは社会人として…
とはわかりつつ、台湾名産パイナップルケーキ持参で請うご勘弁。
ご丁寧にプロジェクトの説明までしてくださった事務所の方々、
どうもありがとうございました。
てっつあんのおろおろしたリアクションにも満足して、
近くのスタバで軽くお茶。
お互いまじめなふりをして「海外で建築を設計することの意義」について語り合う。
初日はここまで。

2日目、ひとりで市内観光。
自転車部としては自転車でしょとまずはここへ。
e0029267_14514660.jpg

この判断は失敗でした。
北京ってびっくりするくらいデカイ。
そのことを勉強するのみにとどまる。
予定の3割程度こなして終了。
でもここ、天壇は美しかった。
e0029267_14521539.jpg

うっとりするような青。
中国語では青は藍色になる
そういうことかと合点がいって感動。
色は写真と違うことが多いんだよね、建築観に行くと。

3日目、これもひとつの大きな目的、
ヘルツォークの鳥巣見学。
前日の教訓生かしてタクシーで。
北京特有の黄色い空気の中に突然現れるとやっぱり感動。
猛烈に現場に突っ込んでいって、近くで見学。
e0029267_14525745.jpg

前を歩く職人さんのまねして敬礼したらガードマンも無事通過。
e0029267_1453412.jpg

鉄骨の現場溶接も間近で見れていろいろ考えてしまった。
ビルトの角柱も部分的に3次元曲げが発生するけど、
なんら問題なくつくられていた。
どうせ海外だから、と難易度を下げる努力を必要以上にしているかも。
そんなことを考えてしまいました。
となりのプールも進んでいる様子。
e0029267_14542143.jpg

e0029267_14544867.jpg

ETFEのブルーはきれいそうだけど、ダブルにしても断熱性は低いはず。
そういえば、屋内プールってどういう空調になるんだ?
夕方行った798は国営工場798号をリノベーションしたギャラリー群。
e0029267_1524067.jpg

これはもうまちがいなく十分にオサレ。
なぜか、昔一度訪れた山さん留学中のイリノイ工科大の校舎群を思い出す。
ごぞんじミエス・フアン・デル・ロオエのあれ。
なぜだろう。

で、ついに夜、UTNと合流。
済南常駐中の彼は、僕にあわせて休みを取ってくれたのです。
非常感謝。
まずは四合院内のバーで乾杯。
中庭形式の外からは伺い知れない場所になんとも気持ちのいい空間。
そんなすてきな場所にサラリと案内してくれるUTN。
こりゃモテますよ。
さらに驚いたのは彼の中国語。
店員に何やら聞いたり話したり、完璧に通じてる。
そして、嫉妬。
なにせ現在勉強中なもので。
その後、てっつあん、Sk事務所通訳の牛さんも来てくれておいしい客家料理のお店。
さらにそのあと、事務所のスタッフの皆さん大勢と、これまたオサレなお店で飲み明かす。
気づいたら朝。
e0029267_145531100.jpg


4日目、実質的最終日。
2時間寝て、いざ万里の長城へ。
長城もそうだけど、有名建築家別荘群も見逃せない。
同行者はUTNとスペシャルゲスト。
そう、UTN彼女です。もちろん初対面。軽く緊張。中国の方。
でも、全然没問題。日本語もオッケイだし、気さくだし。
おまけにカワイイ。
ここで今回2回目の嫉妬。
歯ぎしりを押さえてまずは別荘群へ。
不運にも中は見れなかったものの一応全部見学、優勝者隈さん。
長城はホントびっくりしたね。
昔の施行現場に思いを馳せたり、水墨画の山々を眺めみたり。
超超急勾配のなか体育会魂よみがえらせ付近最高点制覇。
記念にパシャリ、いい思い出になりそうです。

帰りは市内に戻って北京ダック(名門)の店行って世界最高級のジャンクをごちそうになり、しめはカラオケで北京語の歌。
2人には、なにか贈らないといけないくらいお世話になってしまった。
そして、最後は握手でバイバイ。

帰りのタクシーでは窓を開けていろんなことを考えた。
これまでのこと。
これからのこと。
今北京にいて明日台北に帰るという現実。
結論はまったくでないまま車はホテルに到着した。
e0029267_1456545.jpg

[PR]
by kenta_sano | 2006-08-26 15:05 | 雑文
>>