水族館と天皇と
by kenta_sano
PROFILE
1974年生。
早稲田大学教育学部卒業後、
損害保険会社に1年半勤務。
東京理科大学工学部2部建築学科、
横浜国立大学大学院を経て、
現在建築設計事務所勤務。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Links
2005年 11月 29日
阿房列車
e0029267_231142.jpg

第一阿房列車読了。

筋金入りのユルさ。
ひゃっけん先生。
[PR]
by kenta_sano | 2005-11-29 02:32 |
>>
2005年 09月 10日
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
e0029267_3243777.jpg

今年、僕がこれ以上の本に出会うことはまず間違いなくないだろう。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー

セカチュウに微動だにせず、
ある人に緑色の血が流れているだのなんだの人非人扱いされた僕をして、
おいおいと鼻水付きの涙をえんえん流させ続けたのである。
とぼけた名前で世に出ているこの人、完全に天才です。
文章メチャうま。
イラストは以前にも見ていたけど、作曲や写真、おまけに演出なんかもするらしい。
全部体験したいね、ホント。

リリーさんのおかげで、
僕は、母と、父と、祖母と、妹と、家族と、親戚と、幼少期と、青春と、東京と、お金と、女性と、結婚と、性と、絵と、料理と、職業と、ステイタスと、友人と、親子と、病気と、死と、生について、
いまいちどじっくり考えてみることができた。
ありがとう、リリーさん・

今はただ、この感動を誰かと共有したくてウズウズしているところです。
[PR]
by kenta_sano | 2005-09-10 03:25 |
>>
2005年 08月 09日
少年のように
スタディ・オブ・コム デ ギャルソン読了。

なぜか建築家にはギャルソン好きが多い。
最近それもわからないでもないと思えるようになってきた。
がしかし、この本を読んだからではない。
ただなんとなく。

作者の言っていることは、
「まあ、そりゃそうなんだろうな」という感じで
予想範囲内に収まり過ぎ。
川久保玲ってものすごい破天荒なイメージを勝手につくっていたから。

それよりも、2次元の生地から3次元的な服をつくり出す技術や、
パタンナーという職能に興味を覚えた。

e0029267_135673.jpg

[PR]
by kenta_sano | 2005-08-09 01:36 |
>>