水族館と天皇と
by kenta_sano
PROFILE
1974年生。
早稲田大学教育学部卒業後、
損害保険会社に1年半勤務。
東京理科大学工学部2部建築学科、
横浜国立大学大学院を経て、
現在建築設計事務所勤務。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Links
2006年 05月 04日
再開
e0029267_0344763.jpg

いや〜、長かったな〜、トライアスロン。

正直、精神的肉体的にハードな時期でもあったので、
長らくsanozmをほったらかしにしてたのですが、
長すぎだろとのありがたい突込みを多方面からいただきまして、
復活させることにいたしました。
ちょくちょく更新していきます。
ただし、あくまで、マイペースに。

GW初日、後輩の試合観戦兼フラッグ(ちびっこアメフト)コーチ兼建築サーベイ@駒沢陸上競技場。

最近のうちのチームは強くって、フィジカルもスキルも僕らの頃とは隔世の感がある。
いつ行っても、うわぁー、すげーっ、って感じで感心感心。
でも、今日はちょっと違ってた。
自分がやってたポジションに関して言えば、
とても及第点をつけられるような代物ではなかった。
ボールへの集まりが遅い!
というかない!
SFのアラインが深すぎるのは気のせいか。
春シーズンなのでいろんな意味で試していることが多いんだろうけど、
キャリヤーにまで到達しない限りディフェンスは止まらない。
次回に期待です。

フラッグは知らない間に子供たちが倍増していた。
「けんた」ってな感じに名前を呼んだら、
「呼び捨てすんな」ときた。
ほとんど素直でかわいい子たちなんだけど、
ときどきこういうのがいる。
でも、多分自分は小さい頃こういうのだったんだろうなとも思う。

じつは、一昨日も建築サーベイ(スタジアム編)を行っていた。
横浜の日産スタジアム。
俄然駒沢のほうがよかったです。
風化されることによって粗野な部分が削り取られたモダン建築って何とも言えず親しみが持てる。
特にコンクリート造。
なんかぽってりと丸みがあって、塗装の粗とかも風合いが出てて。
ただ、駒沢の場合本当に丸裸の建築だから、
観客席最上段にもうけられた手すりが全体のエッジラインとして浮かび上がる。
そのめちゃめちゃ重要な手すりのデザインとしては、
これはどうなんでしょう?。
もっときれいなものがつくれたはず。
それともこれは後付けなのかな。
とにかく、構造表現主義建築をたっぷり堪能してきました。

それから、もうひとつ。
試合後のOB総会の最中、
窓越しに日テレ女子アナの鈴江奈々ちゃんを見てしまった。
後輩の話によると、アメフト番組がらみの取材らしい。
さすがに、諸先輩の真剣な議論のさなか、
一緒に写真というわけにもいかなかった。
残念!
[PR]
by kenta_sano | 2006-05-04 00:40 | アメリカンフットボール
>>
2006年 02月 13日
DB UNIT
半年に一度のディープお食事会。

ディープというのは、ディフェンスバックの呼称。
ディフェンスバックというのはアメフトのポジション名で、
最後尾を守る人たち。
最前線はディフェンスライン。
まんなかはラインバッカー。
とにかく、アメリカンフットボールはポジション数が多い上に、
それぞれを別の人が分担する。
大学の体育会ともなると、1チーム100人以上になってしまい、
そうそう全員で集まるわけにもいかないので、
ミーティングからトレーニング、飲み会に至るまで、ポジション単位で行うことが多い。

で、ディープ会。
欠席者が相次ぎ、しっぽり系になってしまったが、
けがの功名、前回より、一人一人とゆっくり話せた。
21歳から34歳まで集まった。
「保険会社入って上戸彩と会います」
と、
「こないだ2人目が生まれてさあ」

でも合宿最終日には相変わらず同じことやっていて、
同じところで笑える。
先輩は自分たちができなかったことを素直に話し、
現役は当然のように
「日本一」
寒いけどアツい夜。

大学アメフト部員。
関西方面では破廉恥な行為に出ている輩もいるようですが、
うちの後輩は無縁です。
マジ素直でいい子たちです。
e0029267_1275279.jpg

[PR]
by kenta_sano | 2006-02-13 01:28 | アメリカンフットボール
>>
2005年 11月 24日
BIGBEARS最高
我らがBIGBEARS、健闘むなしく13-14で法政に破れ、甲子園ボウル出場への道を断った。
終わってみれば、フリーフリッカーと2ポイントコンバージョン、2つのスペシャルプレー失敗が致命傷となってしまった。
2度とやり直すことのできない今日のフィールドでのプレイの数々。
とくに、この試合をもって引退となる4年生にとっては一生身体にまとわりついて離れない記憶となる。
それは絶対に間逃れることのできない宿命なのだけれど、
観客に向かって深々とお辞儀する彼らの泣き顔をみると、やっぱりかわいそうだと思ってしまう。
ぜひとも勝たせてあげたかった。
想像を絶する痛みと苦しみが背後に存在していたのがわかるから。
ありがとう、2005 BIGBEARS。
最高でした。
e0029267_1163464.jpg

[PR]
by kenta_sano | 2005-11-24 01:16 | アメリカンフットボール
>>
2005年 07月 19日
りっぷるず
弁当買って外で食べる。
食後の運動はアメフトボールでキャッチボール。
非常に正しいお昼休みの過ごし方です。
e0029267_23275314.jpg

[PR]
by kenta_sano | 2005-07-19 23:28 | アメリカンフットボール
>>